2005年11月22日

東野圭吾の「時生」を読みました。

通勤時間が短くなって、良くないことがひとつ・・・
それは、本を読む時間がなくなってしまったこと。
私は、電車に乗っているときは、絶対に本がないと嫌な人だから、昔は、週に2冊くらいのペースで文庫本を買っていたのに、今は、健康のための自転車通勤。

だから、ひさしぶりに文庫本を買って、ちょっとうれしくて、一気読み!
東野圭吾の「時生」。

025781700000.jpg



「cha*cha」の応援、よろしく!↓
banner.png人気blogランキングへ



続きを読む
posted by チエミ at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな本を読みました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

「カナリヤ手帖」その2

読み終わりました「カナリヤ手帖」。

全体にちりばめられたイラストがほのぼのとしてて、たまに大阪弁がまじってたりする文章も不思議とやさしく感じられてくる。
「うんうん、わかるわかる」「そっか、そういうものなんだ」「やっぱり大変なんだ」・・・いろいろなことを感じながら読んだ。

雑貨屋さん経験のなかったトノイケさんの開業までの道のりは、大変だったと思う。
でも、逆に経験のある私は、売れるもの、仕入れやすいもの、仕入先などがわかっている分、なんだかどこかでえ見たことのあるような店になってしまいそうで・・・。

もう一度、コンセプトをしっかり考えて見よう。
売り方、見せ方とかのテクニックばかりじゃなくて、もっと根本的なものをしっかりもっていないと、売れるものにばかり走ってしまって、つまらない店になってしまう。

トノイケさんの言うとおり「オーナーがわくわくしない店なんてなんの魅力もない」もんね。




人気blogランキングに登録しました・・・応援してねぴかぴか(新しい)
banner.png人気blogランキングへ



posted by チエミ at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | こんな本を読みました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

「カナリヤ手帖」

前に紹介したトノイケミキさんの「カナリヤ手帖」を読み始めた。

この本が出来上がるまでの様子をブログで読んでいたから、本を手にしてなんだかニヤついてしまった。
まるで自分がこの本に参加しているような気になっていたのかもしれないな。

025756430000.jpg


人気blogランキングに登録しました・・・応援してねぴかぴか(新しい)
banner.png人気blogランキングへ


続きがあるよー。
posted by チエミ at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな本を読みました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

「菊地君の本屋」ヴィレッジヴァンガード物語

最近、このブログにもよく登場している「ヴィレッジヴァンガード」。
けっこー、私はこのお店が好きだ。

ほんとの「ヴィレッジヴァンガード」好きに言わせたら、FCが増えてしまって昔の良さがなくなったってとこかもしれないけど、そんなに深く考えてない私には全然OK。
本を買ったり、立ち読みしたり、趣味で集めている「GREATFUL DEAD BEAR」のぬいぐるみを買ったりする。

そんな「ヴィレッジヴァンガード」の社長さんの菊地さんの本を読んだ。

初版は94年だからもう10年以上前。
でも、今読んでも新鮮で面白かった。

発想がすごい!
うまくいく保証なんてないのに、ドッカーンと大きいこと始めてしまうその決断力がすごい!
自分の行動に絶対的な自信をもっていることがすごい!

いっぱい影響うけてみようと思う。

そういえば、横浜の「ヴィレッジヴァンガード」では、「GREATFUL DEAD BEAR」のぬいぐるみのレアものは、檻に入れられていた。
「指を入れないで下さい。噛みつくことがあります」ってPOPが貼ってあったと思う。
・・・・つい、指つっこんでしまいたくなるよね。

010444980000.jpg

人気blogランキングに登録しました・・・応援してねぴかぴか(新しい)
banner.png人気blogランキングへ
posted by チエミ at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | こんな本を読みました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

「Tシャツ、大好き!」

またまた、本を買いました。

Tシャツ、Tシャツ、Tシャツがいっぱい・・・っていうかTシャツしか載ってない本です。

Tシャツって服っていうより、雑貨っぽいところありますよね。

私、その昔Tシャツの輸入の会社に勤めていたことがあるので、Tシャツにはちょっとうるさいです。

一年中、Tシャツ売ってたなぁ。
雑貨屋さんや衣料品関係のお店はもちろん、動物園に動物柄のTシャツを、水族館にはイルカや熱帯魚のTシャツなんかも卸していました。
バッグにいっぱいTシャツつめて、営業まわってたなー。

社長と先輩と社長のお友達の外人さんと社長の奥さんと私の小さな会社だったから、営業からトイレ掃除までなんでもやらなきゃならなくて大変だったけど、不思議な仲間たちといいお客様に恵まれてすごく楽しかったし、とっても貴重な経験をそこでさせてもらいました。

今でも、当時と同じ恵比寿の古いマンションで部屋中Tシャツでいっぱいにして、頑張って営業しているはず・・・いつか私のお店用にTシャツ仕入れに行くからねー、社長!


0000000046.jpg

って本の話、あまりしてませんが、Tシャツのデザイン見ているだけで
楽しくなっちゃう本です。
きっとお気に入りのTシャツが見つかりますよ。


posted by チエミ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(2) | こんな本を読みました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

まだ読んでない本をご紹介しちゃいます。

昨日も書きましたが、私は「雑貨屋さんを開く・・・うんぬん」という本にめっぽー弱いです。

そんなことを考えていたら、まさにそういう本を執筆中の方のブログ発見!

大阪の「カナリヤ」という雑貨屋のオーナーのトノイケミキさんの書く「カナリヤ手帖ー小さな雑貨店の作り方(仮題)」
お店の作りかたや運営を実用書と奮闘記を組み合わせた形で書いていらっしゃるそうです。

早速、トラックバックさせて頂いちゃいました。

完全なる青田買いですね。
出版前の本の内容をのぞけっちゃたり、そのライターの方へコメントできちゃったり、ブログってこんな出会い方もできちゃうんだー(勝手に出会ったと思ってる?)、ちょっと感動です。

頑張ってくださいね。
私、参考書にさせていただきます!


人気blogランキングに登録しました・・・お恥ずかしながらあせあせ(飛び散る汗)
banner.png人気blogランキングへ
posted by チエミ at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | こんな本を読みました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「手作り雑貨のお店ができました」

今の私はこのテの本にめっぽー弱い。

本屋さんに寄り道して、「雑貨屋さんを開く・・・」とか「小さいお店で成功・・・」なんてタイトルの本を見かけるとついつい買ってしまうんですよねー。
最近は、雑貨屋さん、カフェ、ネットショップなど開店ノウハウの本はほんとにたくさん刊行されているので、本屋さんによってはコーナーができるほど。
私ときたら、そういう出版社や本屋さんのセールスにばっちりひっかかってしまうタイプのようで、私の本棚にはびっしりそのテの本が・・・

そして、またまた買ってしまったのが「手作り雑貨のお店ができました」です。
自分のお店を開いた雑貨アーティストの方々の体験談たくさんが書かれています。
驚いたのは、かなりリアルな数字が載っていること。

お店を維持するのに必要な売上。
そのうち仕入れの占める割合。
月の売上目標。
今までの最高売上、最低売上。

坪効率とか考えてしまうと、維持不可能なんじゃない?と思われるお店もあるのですが、自分の作品の発表の場ということもあるからアリなのかなー。

皆さん大変そうなんだけど、嫌そうじゃなくて、好きだからやれるって気持ちが伝わってきます。

ふむふむ、私もそんな心でお店やっていきたいものです。
でも、やるからにはしっかり利益だすこと考えて計画しなくてはね。


posted by チエミ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな本を読みました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月14日

新カテゴリー登場!

私はよく本を読みます。
電車に乗って読むものがないと手持ち無沙汰でしかたないです。
お風呂で湯船につかりながら読むのも好きです。
でも、これをやっちゃうと本がふやけてなみなみになっちゃうので、お勧めできませんけど。

そんな活字中毒かも・・・というチエミが読んだ本を紹介してゆきます。

以前にこのブログで紹介した「雑貨のつくりかた」の第2段が発売になりました。
今回は「自分でつくって売るためのとっておきガイド」ってことで、雑貨アーティストの方の話が満載です。

雑貨カタログなどでおなじみのロッタ・ヤンスドッタ−さんの作品の制作工程が載っていたのですが、使っている道具がなんとプリントごっこ!
たしかに彼女の作品は手作りっぽいところが魅力なんだけど、プリントごっこぉ?
(スウェーデンにも売ってるってことなのね。)

そこで、単純な私は考える・・・・「私にもできるんじゃな〜いひらめき
ま、そんな思い込みもPOWERになるってことで・・・
プリントごっこどこかにしまってあるはずだなー、今度のお休みに探してみる?



posted by チエミ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな本を読みました。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。